フィルター認証確認プラグイン

このプラグインについて

フィルターで制限された記事に直接アクセスすると「このエントリーはフィルタリングされました。」のようなメッセージが表示されるのみですが、その際にアクセスするか否かの確認を直接表示することができます。

フィルター認証確認プラグイン

広告

ダウンロード

以下のリンクからプラグインをダウンロードできます。

導入方法

準備

このプラグインは、フィルターIDが r18 のフィルターに対して動作するようになっています。(年齢制限コンテンツに使用する想定にしています。)

他のIDに対して動作させる場合、templates/plugins/filter_confirm/filter_confirm.html に6箇所ある r18 という文字を、任意のフィルターIDに書き換えてください。また、日本語メッセージ部分は、必要に応じて書き換えてください。

ファイルのアップロード

filter_confirm/ 内の libs/templates/ を、freo設置ディレクトリ内にアスキーモードで上書きアップロードします。

テンプレートの編集

templates/internals/view/default.html の60行目あたりにある

<!--{if $entry_associate.option}-->
<dl>
  <!--{foreach from=$freo.refer.options|smarty:nodefaults item='option'}-->
  ~略~
  <!--{/foreach}-->
</dl>
<!--{/if}-->

の直下と、templates/internals/page/default.html の50行目あたりにある

<!--{if $page_associate.option}-->
<dl>
  <!--{foreach from=$freo.refer.options|smarty:nodefaults item='option'}-->
  ~略~
  <!--{/foreach}-->
</dl>
<!--{/if}-->

の直下と、templates/internals/file/error.html にある

<h2>エラー</h2>
<p class="attention">{$message}</p>

の直下に、以下のコードを追加します。

{include file='plugins/filter_confirm/filter_confirm.html'}

また、制限された記事を一覧に表示するように設定している場合、templates/internals/default/default.html の135行目あたりにある

<!--{if $entry_associates[$entry.id].option}-->
<dl>
  <!--{foreach from=$freo.refer.options|smarty:nodefaults item='option'}-->
  ~略~
  <!--{/foreach}-->
</dl>
<!--{/if}-->

の直下にも追加しておきます。

完了

エントリー・ページ・メディアを登録する際、上で設定したフィルターを割り当てて登録します。初期設定ではフィルターを設定した記事は一覧に表示されませんが、記事のURLを直接指定すれば認証画面が表示されます。

管理画面にログインしていない状態で認証を要求する記事にアクセスし、認証画面が表示されれば完了です。認証ができるか実際に試してみてください。(管理画面にログインしている場合は表示されません。)

削除方法

このプラグインは、以下の手順で削除できます。

ファイルの編集

テンプレートの編集内容を元に戻します。

ファイルの削除

以下のファイルを削除します。

  • libs/freo/plugins/config.filter_confirm.php
  • libs/freo/plugins/page.filter_confirm.php
  • templates/plugins/filter_confirm/ (ディレクトリごと削除)

また、他のプログラムから利用しない場合 libs/PEAR/ 内から不要なファイルを削除しても大丈夫ですが、よく解らなければそのままにしておくことを推奨します。

更新履歴

  • 最新版との差分ファイルを一覧表示できます。
  • 使用しているフィルター認証確認プラグインのバージョンを入力してください。
  • 更新内容の詳細は、以下の更新履歴を確認してください。
差分調査
使用しているバージョン

2013/01/10 Ver 1.0.0

正式版を公開しました。