ファイル管理プラグイン

freoに関するすべてのファイルを、管理画面から編集管理できるようになります。

ファイル管理プラグイン

  • 操作を誤るとfreoが正しく動作しなくなる可能性があります。
  • サーバーによっては、編集対象ファイルのパーミッションをFTP経由で変更しておく必要があります。

広告

ダウンロード

以下のリンクからプラグインをダウンロードできます。

導入方法

ファイルのアップロード

filemanager/ 内の libs/templates/ を、freo設置ディレクトリ内にアスキーモードで上書きアップロードします。

完了

管理者ページにログイン後、管理メニューから「プラグイン」→「ファイル管理」を選択すると、ファイルの管理ができます。

  • ファイルを編集できない場合、あらかじめ対象ファイルのパーミッションをFTP経由で 606 に変更しておいてください。
  • ディレクトリの操作やファイルアップロードができない場合、あらかじめ対象ディレクトリのパーミッションをFTP経由で 707 に変更しておいてください。
  • メディア管理画面から画像をアップロードするとサムネイルが作成されたり、画像を削除すると関連するサムネイルが削除されたり…などがありますが、このプラグインは直接ファイルを操作するのみです。基本的にはFTPでファイルを操作するようなものなので、関連ファイルは操作されません
  • ファイル一覧画面で各ファイルに「確認」リンクが表示されていますが、ファイルへの直接アクセスを禁止している場合はアクセスできません。(freoは初期状態で、テンプレートなどへの直接アクセスを禁止しています。)
  • 初期設定では一部のディレクトリを管理対象除外としているため、アクセスできないディレクトリがあります。詳細は機能解説を確認してください。

機能解説

目次

管理対象ディレクトリの変更

管理対象ディレクトリの初期値はfreo全体になっていますが、例えばテンプレート格納ディレクトリのみ管理できれば十分な場合、libs/freo/plugins/config.filemanager.php にある

//管理対象ディレクトリ
define('FREO_PLUGIN_FILEMANAGER_DIR', './');

この部分を以下のように設定すると、テンプレート格納ディレクトリのみが管理対象となります。

//管理対象ディレクトリ
define('FREO_PLUGIN_FILEMANAGER_DIR', './templates/');

管理対象除外ディレクトリの変更

初期設定では database/libs/PEAR/libs/smarty/templates_c/tiny_mce/ ディレクトリは管理対象外としています。

この設定は、libs/freo/plugins/config.filemanager.php にある

//管理対象除外ディレクトリ
define('FREO_PLUGIN_FILEMANAGER_EXCEPTED_DIR', 'database/,libs/PEAR/,libs/smarty/,tiny_mce/');

この部分で変更することができます。(管理対象から除外したいディレクトリを、コンマ区切りで指定します。)

削除方法

このプラグインは、以下の手順で削除できます。

ファイルの削除

以下のファイルを削除します。

  • libs/freo/plugins/config.filemanager.php
  • libs/freo/plugins/page.filemanager
  • templates/plugins/filemanager/ (ディレクトリごと削除)

更新履歴

  • 最新版との差分ファイルを一覧表示できます。
  • 使用しているファイル管理プラグインのバージョンを入力してください。
  • 更新内容の詳細は、以下の更新履歴を確認してください。
差分調査
使用しているバージョン

2012/12/03 Ver 1.0.0

正式版を公開しました。