エントリー固定リンクプラグイン

このプラグインについて

登録日時をもとに、エントリーにアクセスできます。具体的には、http://www.example.com/freo/index.php/view/15 このようなURLだけでなく、http://www.example.com/freo/index.php/view/20091226105402 このようなURLでもアクセスできるようになります。

  • 登録日時が同じエントリーが複数あると、そのうち1つにしかアクセスできなくなります。

広告

ダウンロード

以下のリンクからプラグインをダウンロードできます。

導入方法

準備

あらかじめ管理者ページにログインしておきます。

ファイルのアップロード

entry_permalink/ 内の configs/libs/ を、freo設置ディレクトリ内にアスキーモードで上書きアップロードします。

パーミッションの設定

ブラウザソフトで freo/index.php/setup にアクセスすると、必要なパーミッションが自動設定されます。

ただし、設置時に「ご利用のサーバーは、PHPから直接パーミッションを設定することができない環境のようです。」と表示された環境の場合は自動設定されないので、FTPソフトで以下のファイルのパーミッションを設定してください。

対象 パーミッション
configs/plugins/entry_permalink.ini 606 に設定

設定の編集

管理者ページにログイン後、管理メニューから「システム」→「設定管理」→「プラグインの設定」→「エントリー固定リンク」を選択し、各種設定を行います。

  • 「エントリーを特定するキー」を「登録日時」に設定すると、エントリーを最初に登録した日時をもとにしてアクセスできます。この日時は、標準機能では変更できません。(直接データベースを編集するなど、別の方法で変更はできます。)
  • 「エントリーを特定するキー」を「日時」に設定すると、エントリー登録画面の「日時」をもとにしてアクセスできます。エントリーを編集して日時の値を変更すれば、記事のURLも変更されます。

以下の解説は、どちらに設定したかによって編集内容が変わります。

テンプレートの編集

templates/internals/default/default.html に6箇所、templates/internals/view/default.html に7箇所、以下の部分があります。

{if $entry.code}{$entry.code}{else}{$entry.id}{/if}

「エントリーを特定するキー」を「登録日時」に設定した場合、この部分を以下のように変更します。

{if $entry.code}{$entry.code}{else}{$entry.created|date_format:'%Y%m%d%H%M%S'}{/if}

「エントリーを特定するキー」を「日時」に設定した場合、この部分を以下のように変更します。

{if $entry.code}{$entry.code}{else}{$entry.datetime|date_format:'%Y%m%d%H%M%S'}{/if}

これで、各エントリーに表示されるリンクが変更されます。

削除方法

このプラグインは、以下の手順で削除できます。

ファイルの編集

テンプレートの編集内容を元に戻します。

ファイルの削除

以下のファイルを削除します。

  • configs/plugins/entry_permalink.ini
  • libs/freo/plugins/begin.entry_permalink.php
  • libs/freo/plugins/config.entry_permalink.php

更新履歴

  • 最新版との差分ファイルを一覧表示できます。
  • 使用しているエントリー固定リンクプラグインのバージョンを入力してください。
  • 更新内容の詳細は、以下の更新履歴を確認してください。
差分調査
使用しているバージョン

2010/09/01 Ver 1.0.0

正式版を公開しました。最終ベータ版から大きな変更はありませんが、プログラム内部のバージョン情報と更新日はすべて変更しています。ですので今後混乱の無いように、拡張子が php のファイルはすべて正式版付属のものに変更することをお勧めします。