エントリーごと、ページごとにテンプレートを変更する

概要

エントリーごと、ページごとに専用のテンプレートを読み込むことができます。

詳細

エントリー

各エントリーを個別に表示する際、テンプレートは templates/internals/view/default.html が利用されます。

ですが例えば templates/internals/view/5.html を用意しておくと、No.5の記事では default.html ではなく 5.html が読み込まれます。(5.htmldefault.html をベースに作成すればいいでしょう。)

同様に 6.html20.html などを作成すれば、エントリーごとにまったく異なるデザインにすることができます。

ページ

各ページを個別に表示する際、テンプレートは templates/internals/page/default.html が利用されます。

ですが例えば templates/internals/page/gallery.html を用意しておくと、IDが gallery の記事では default.html ではなく gallery.html が読み込まれます。(gallery.htmldefault.html をベースに作成すればいいでしょう。)

また、IDが gallery/xxx や IDが gallery/xxx/yyy のような記事でも gallery.html が読み込まれます。IDが gallery/xxx の記事用にテンプレートを用意したい場合、templates/internals/page/gallery/xxx.html にファイルを配置します。

条件分岐

テンプレートそのものを切り替えず、テンプレート内での条件分岐で表示を変更することもできます。(ただし、プログラムの知識がある程度必要です。)